食事・運動・休息のバランスで
根源から美しい生活を過ごすためのジャーナル

作成日:2020/09/14

松田直希
松田直希

CARE

鍼灸師おすすめ!二日酔いに効くツボと解消法紹介|二日酔い予防のツボ押しで楽しくお酒を飲もう

仕事終わりの一杯は欠かせない……。その結果、つい飲みすぎてしまい、次の日に訪れる二日酔いに悩まされる方は多いのではないでしょうか。

二日酔い 頭痛

二日酔いの症状は、頭痛、吐き気、だるさ、胃の不快感、喉の渇き、睡眠障害など人によってさまざま。ですが、そもそも二日酔いはなぜ起きるのでしょうか。

まずは二日酔いのメカニズムをわかりやすく説明し、その後で予防法や解消法など「ツボ」を使った二日酔い対策をご紹介します!

アルコールのキャパオーバーに注意!

アルコールを体内に摂取すると、肝臓内でアルコールが分解され、「アセトアルデヒド」という有害物質が発生します。

アルコールを許容量以上に飲みすぎてしまうと、処理できなくなったアセトアルデヒドが体内に蓄積されるため、いわゆる「二日酔い」を引き起こしてしまうのです。

また、ホルモン分泌状態の変化に伴う尿量の変化(抗利尿ホルモンが抑制されるため尿量が増える)や、アルコール摂取時の糖代謝(低血糖状態)によって、二日酔い症状が起きるとも考えられています。

代謝や分解能力は人それぞれのため、まずは自分自身の適量を見極めることが重要ということですね!

※二日酔いのメカニズムに関しては現時点で特定の原因は解明されておらず、複数の説が存在します。

二日酔い アルコール

アルコール摂取時に体内で起きることとは

アルコールには利尿作用があります。利尿作用とは体内の水分、いわゆる体液を体外に排出しようとする働きを指します。この利尿作用により尿量が増えるため、体は脱水状態になります。

脱水症状になると、先述した有害物質「アセトアルデヒド」を尿から速やかに排出することができなくなるため、頭痛や吐き気などの二日酔い症状が出やすくなるのです。

つまり飲酒時・飲酒後の水分補給は、有害物質を排出するためにも大変重要、という訳ですね。

二日酔い予防・解消のツボを紹介!

ではここからは、二日酔い予防・解消におすすめのツボを紹介します。

ツボの位置はおおよそ決まっていますが、体調によって微妙な変化があります。
ツボの位置を参考に「心地よい」と感じるポイントを探し、押しやすい指(主に親指)で10秒~30秒かけて、ゆっくりと押し続けましょう。

二日酔いに効くツボ1:太衝(たいしょう)

血流を司る肝の経絡でもあり、肝臓に深く関わりがあります。アルコールを分解する肝臓の機能が高まるので、吐き気などの二日酔いの諸症状が軽減します。

位置:足の甲。親指と人差し指が交わる所のくぼみ

二日酔いに効くツボ2:内関(ないかん)

消化器系に関わるツボで、食べ過ぎや飲み過ぎのむかつきや吐き気、食欲不振などに効果的です。また、車酔いや逆流性食道炎などにも効果があります。

位置:手のひら側の手首のしわ中央から指3本分下

二日酔い ツボ 内関

二日酔いに効くツボ3:合谷(ごうこく)

二日酔いによる気分の悪さはもちろん、他にも頭痛、腹痛、下痢、便秘、など幅広い症状に効く万能ツボです! その他の体調不良の際も、とりあえずこのツボを押しましょう。

位置:手の甲で親指と人差し指の骨が合流する所と、人差し指の付け根を結んだ中間

二日酔い ツボ 合谷

二日酔いに効くツボ4:足三里(あしさんり)

消化不良や胃の気持ち悪さなど胃腸の不調はもちろん、疲労回復や頭痛軽減にも効果があるとされています。

位置:膝のお皿の下のくぼみ(外側)より、指4本分下

その他の民間療法

二日酔いの予防法や対処法としてよく挙げられる、ウコンやしじみ。

これらの食べ物の効果は科学的に実証されているわけではありませんが、有害物質であるアセトアルデヒドを害のない成分に変える働きをサポートしている可能性はあります。

ですが、二日酔いはアルコールの吸収スピードを抑えればある程度は軽減できるため、アルコール以外の水分を同時にとると、体内でアルコールが薄まり、吸収をさらに抑えることができます。

前述のように、脱水状態を防ぐためにも、水や炭酸水、ソフトドリンクなどをなるべく一緒にとることが重要であり、一番の予防法と言えるでしょう。

二日酔い 水

飲酒前・後にはツボを押す習慣を!

お酒は飲み方ひとつで健康に害を及ぼすものにもなります。新型コロナウイルスの影響で様々なお酒の楽しみ方が工夫されている中、二日酔いの予防法や対策を知っておくだけで、いつもより楽しく飲むことができます。

飲む前、飲んだ後にツボを押してみてはいかがでしょうか。

松田直希

この記事を書いた人トレーナー 松田直希

パーソナルジムRACINE(ラシーヌ)のボディコンディショニング担当。柔道整復師、はり師、きゅう師。東洋医学と西洋医学の両面からアプローチし、最適な施術プランを提供する。

KEY WORD

RANKING

PICK UP

RACINE Instagram

お問い合わせや質問などお気軽にご連絡ください

折り返しのご連絡は075-334-8562からさせてていただく場合がございます。