京都パーソナルジムRACINE発!
美しく健やかに過ごすためのジャーナル

作成日:2023/10/17

TRAINING

脚痩せを叶える方法|エクササイズ・マッサージとインターバル走で美脚を手に入れよう!

すっきりとした脚を作る「脚痩せ」は、多くの方が目指す美容と健康の目標の一つ。綺麗なラインの脚になるためには、正しい脚痩せ方法を知り、継続的に取り組むことが重要です。

脚痩せを叶える方法

とはいえ、脚を含む下半身は一度脂肪がつくと落ちにくく、セルフケアは無理だとあきらめてしまうことも……。

そこでここでは、まずはなぜ脚・下半身は痩せにくいのかをご説明した後で、お家でできる脚痩せ方法をご紹介します!

脚が痩せにくい主な理由

年齢にかかわらず、多くの方が希望する「脚痩せ」。しかし、そのためには足の各部分の痩せにくい理由を理解することが鍵となります。以下、主なパーツと脚全体について見ていきましょう。

【ふくらはぎ】

ふくらはぎが痩せにくい理由には、筋肉の質が大きく関係しています。特に運動を頻繁に行う方や立ち仕事の方は、筋肉質になりやすく、それが痩せにくさの原因となることも。

さらに、遺伝的な要因や日常の歩き方、生活習慣も影響を与えています。例えば、かかとから地面を踏みつける歩き方は、ふくらはぎの筋肉を強化するため、痩せにくくなる可能性があります。

【太もも】

太ももの内側や外側には、皮下脂肪が蓄積しやすい特徴があります。

脚痩せを叶える方法

これは、ホルモンバランスの変動や食生活、運動不足によって起こることが多いとされます。また、筋肉量の個人差も大きく、筋肉が少ないと痩せにくさを感じることも。

【足首】

足首が太く感じる場合、実は水分の蓄積が影響していることが多いと言えます。特に、塩分を多く取る食生活や長時間の立ち仕事は、水分が足に溜まりやすくなります。

また、筋肉の緊張や日常で履く靴のタイプ、歩き方によっても、足首のラインが太く見えることがあるため要注意です。

■あわせて読む
足首にくびれがない原因は?むくみ解消ですっきり足になる簡単セルフケア方法!

お腹や太腿が引き締まらない原因は足の位置?綺麗なボディラインを獲得する足首改善方法!

【足ツボ】足のむくみに悩む方必見!むくみ解消ツボマッサージと予防方法紹介

【脚全体】

脚全体の痩せにくさには、様々な要因が絡み合っています。以下に主な要因と対策を挙げています。

■血行不良: 脚の血行が悪いと、新陳代謝が低下し、脂肪が燃焼しにくくなります。また、老廃物が排出されにくくなることでむくみやすくなることも。

※対策: 足を高くしてリラックスする、マッサージ、適度な運動やストレッチを行い、血行を促進する。

脚痩せを叶える方法

■代謝不良:脚の代謝が不良だと、脂肪が蓄積されやすく、筋肉がつきにくくなります。

※対策: 定期的な運動やバランスの良い食事で基礎代謝をアップさせる。

■骨盤のゆがみ:骨盤がゆがむと、体全体のバランスが崩れ、脚の筋肉に負担がかかり、脚全体が痩せにくくなります。

※対策: 正しい姿勢を意識する、骨盤矯正の専門家に相談する、ストレッチやヨガで骨盤の位置を整える。

■筋肉不足: 脚の筋肉量が不足すると、脂肪燃焼効果が低下し、太りやすくなります。

※対策: 定期的な筋トレや適度な運動で脚の筋肉を鍛える。

以上のような痩せにくい要因を理解した上で適切な対策をとることで、理想のすらりとした脚を目指しましょう!

脚痩せの基本知識

脚痩せを成功させるためには、単に運動をするだけでなく、その背後にある基本知識を知っておくことも重要です。そこで次に、脚痩せの効果的な方法についての基本項目を見ていきましょう。

【脚痩せに必要な筋トレとは?】

筋トレは、筋肉を鍛えることで基礎代謝をアップさせ、脂肪燃焼効果を高めるための重要な手段です。特に、スクワットやランジなどの下半身を中心に鍛えるエクササイズは、脚痩せには欠かせません。

【有酸素運動の効果とは?】

有酸素運動は、脂肪を燃焼させるためのカギとなる運動方法の一つです。ジョギングやウォーキング、サイクリングなど、一定の強度で長時間行う運動は、脚の脂肪を効率的に減少させるのに役立ちます。

脚痩せを叶える方法

【食生活の改善方法】

脚痩せを目指す上で、食事の内容も非常に重要です。塩分を控える、バランスの取れた食事を心がける、夜食を避けるなどの食生活の改善は、脚のむくみや脂肪蓄積を減少させるために効果的です。

【マッサージやストレッチの効果】

マッサージは、血行を促進し、筋肉の緊張を和らげることで、脚痩せをサポートします。一方、ストレッチは、筋肉の柔軟性を高め、筋肉の質を良くするために役立ちます。定期的に行うことで、脚のラインをより美しく保つことができます。

セルフでできる脚痩せ方法

自宅で手軽に始められる脚痩せ方法には、正しい運動の実践やバランスの良い食事が含まれます。効果的な脚痩せを目指すためには、以下の具体的なアプローチを実践することが大切です!

【スクワット】

スクワットは脚やお尻の筋肉を効果的に鍛えるエクササイズですが、正しいフォームで行わなければ怪我の原因にもなりかねません。

重要なのは背筋をまっすぐ保ち、膝がつま先を超えないようにすることです。また、腰を深く落とすことで、太ももの前面だけでなく、お尻の筋肉も同時に鍛えることができます。

スクワット

■スクワットの方法
1.足は肩幅に開き、つま先は前を向くかわずかに外向きにします。
2.腰を下げながら膝を曲げます。膝がつま先より前に出ないように注意。
3.腰が膝と同じ高さになるまで下げたら、元の位置に戻ります。

※回数/セット: 初心者は3セットの10〜15回から始め、徐々に回数を増やしてください。

【注意事項】
膝がつま先を超えないように気をつけましょう。また、膝の外側が内側に倒れないように注意します。

【その他の簡単エクササイズ】

スクワット以外にも、セルフで脚痩せに効果的なエクササイズを行うことができます。重要なのは定期的に継続することで、これにより新陳代謝が促進されて、脚痩せにつながります。

■ランジの方法
1.まっすぐ立ち、足を肩幅に開きます。
2.一歩前に出る大きなステップを踏み、前の足の膝がほぼ直角になるまで体を下げます。
3.後ろの膝は床に触れる直前で止め、その後、元の位置に戻ります。
4.同じ動作をもう一方の脚で行います。
ランジのフォーム
※回数/セット: 各脚について、3セットの10〜12回を目指します。

■カーフレイズの方法
1.足を肩幅に開き、まっすぐ立ちます。腕を自然に垂らすか、何かに捕まることでバランスを取ります。
2.つま先立ちになるようにふくらはぎの筋肉を使って体を持ち上げます。
3.可能な限り高く上げた後、ゆっくりと元の位置に戻します。
カーフレイズの方法
※回数/セット: 3セットの15〜20回を目指します。

【マッサージ方法】
セルフマッサージは、専門的なトリートメントを受けられない時や、日々のケアとして非常に有効です。

特に脚のむくみや疲れを和らげ、筋肉をほぐして血行を促進するのに役立ちます。以下に、脚痩せに効果的なセルフマッサージの方法を紹介します。

1.ウォーミングアップ
まず、脚全体の血行を促進させるために、軽く手のひらで脚全体を撫でるようにマッサージします。足首から太ももにかけて、心臓の方向へと撫で上げるのがポイントです。

2.ふくらはぎのマッサージ
座った状態で、一方の足を膝で曲げ、一方の手で足首を支えます。もう一方の手でふくらはぎを握り、足首から膝に向かってしっかりと圧をかけながら上下に動かします。

脚痩せを叶える方法

痛みを感じる箇所があれば、そこを中心に円を描くようにしてゆっくりとマッサージします。

3.太もものマッサージ
太ももの前面と側面を、手のひら全体を使って心臓に向かって撫で上げるようにマッサージします。

指の腹を使って、太ももの筋肉を押しながらゆっくりと円を描くように動かします。これを太もも全体にわたって行います。

4.足首と足の甲のマッサージ
足首を手で支え、もう一方の手の指で足の甲を優しく押し込むようにマッサージします。足首周りの筋肉に指圧を加え、円を描くようにしてマッサージします。

5.クールダウン
最後に、再び脚全体を撫で上げるように優しくマッサージして、リラックスさせます。

【注意点】
強すぎる圧は筋肉を傷つける可能性があるため、痛みを感じない程度の圧で行ってください。妊娠中や健康上の問題がある場合は、事前に医師に相談してください。

これらのマッサージを日々のルーティンに加えることで、脚の筋肉がリラックスし、血行が促進され、脚痩せにも効果が期待できます。また、マッサージにはリラクゼーション効果もあるため、ストレス解消にも役立つでしょう。

【ランニング(インターバル走)】

ランニングは有酸素運動のひとつで、全身の脂肪燃焼に効果的です。

特に脚痩せを目的とする場合、長時間ゆっくり走るよりも、短時間で高強度のインターバル走(スプリントとジョギングを交互に繰り返す)が効果的です。

この方法は、脂肪燃焼を促進させ、筋肉をより効果的に鍛えることができます。

■インターバル走の方法
インターバル走は、短い距離を高強度で走り、その後、低強度で休息を取ることを繰り返すトレーニング方法です。この方法は心肺機能を向上させ、脂肪燃焼を効率的に行うことができ、スピードや持久力の向上にも寄与します。

インターバル走の方法

1.ウォームアップ:インターバル走を始める前に、5-10分程度のウォームアップを行いましょう。軽いジョギングやストレッチで筋肉をほぐし、心拍数を徐々に上げていきます。

2.高強度での走行:初めての方は、まずは短い距離(例えば100mや200mなど。または1分間など時間で区切る)から始め、全力で走ります。高強度インターバル中は、普段のジョギングペースよりもかなり速いスピードで走ることが求められます。

3.低強度での休息:高強度での走行の後は、同じ時間か、それ以上の時間をかけて歩いたり、ゆっくりとジョギングしたりして休息します。この低強度の期間中に心拍数を落ち着かせ、呼吸を整えます。

4.セットの繰り返し:上記の高強度と低強度のインターバルを、自分のフィットネスレベルに応じて数セット繰り返します。初めての場合、2~3セットから始めて、徐々にセット数や距離、スピードを増やしていくと良いでしょう。

5.クールダウン:インターバル走のセッションが終了したら、5-10分程度クールダウンしましょう。軽いジョギングやウォーキングを行い、筋肉をリラックスさせて心拍数を元に戻します。

インターバル走は非常に効果的なトレーニング方法ですが、高強度の運動は体に大きな負荷をかけるため、週に1~2回程度の実施が基本です。

また、十分な水分補給、栄養バランスの取れた食事、そして十分な睡眠も重要です。運動初心者や健康に不安がある場合は、トレーニングを始める前に医師やフィットネス専門家と相談することをおすすめします。

【食事・摂取栄養素の見直し】

脚や体全体の脂肪を減らすためには、食事が非常に重要な役割を果たします。特に、脚痩せを目指す場合は、体内の脂肪燃焼を促進し、筋肉質な脚を作るために必要な栄養素を摂取することが大切です。

以下に、脚痩せに効果的な食事方法のいくつかを挙げます。

1.タンパク質を適切に摂取する
筋肉を作り、体の基礎代謝量を増やすために、タンパク質の摂取が重要です。鶏肉の胸肉、豆腐、レンズ豆、ギリシャヨーグルト、魚など、高タンパクで低脂肪な食品を選びましょう。

タンパク質を含む食材例

2.糖質の摂取をコントロールする
糖質はエネルギーの主要源ですが、過剰に摂取すると体内で脂肪として蓄積されやすくなります。精製された炭水化物(白パンやパスタなど)の代わりに、全粒穀物や野菜、果物などの炭水化物を選びましょう。

3.健康的な脂質を摂る
脂質を過剰に避けるのではなく、オメガ-3脂肪酸が豊富なサーモンやアボカド、ナッツ、オリーブオイルなど、健康的な脂質を含む食品をバランスよく摂取しましょう。

4.加工された食品と砂糖の摂取を減らす
高カロリーで栄養価の低い加工食品や砂糖の多い食品は、体重増加の原因となります。これらを避けて、より自然な食品に焦点を当てるようにしましょう。

5.水分をたくさん摂る
水分を十分に摂取することで、新陳代謝を助け、体内の老廃物の排出を促します。また、水は満腹感をもたらすため、食べ過ぎを防ぐのに役立ちます。

6.食事のタイミングを考える
食事は一日3回バランスよく摂り、間食は控えめに。特に夜遅くの食事は避け、寝る前に消化に負担をかけないようにしましょう。

食事・摂取栄養素の見直し

これらの原則を基にした食事をすることで、脚や体全体の脂肪を減らし、より引き締まったボディラインを目指すことができます。

また、健康的な食生活は持続可能なものでなければならないため、自分のライフスタイルに合った食事法を見つけることも重要です。

脚痩せの注意点とよくある失敗例

以下では、自分で脚痩せや全身のダイエットを目指す際に注意すべき点を見ていきましょう。

【無理なダイエットは逆効果】

「速攻脚痩せ」のような極端なダイエット方法は、実際には逆効果であることが多いでしょう。

急激なカロリー制限や偏った食事は、短期間での体重減少につながるかもしれませんが、その多くは筋肉量の減少や水分の喪失によるもの。

これは基礎代謝を下げ、結果として長期的な体重管理をより困難にします。さらに、栄養不足は健康を害するリスクもあります。

【継続することの重要性】

脚痩せなど、ボディメイクにとって継続は成功への鍵です。

短期間での劇的な変化よりも、小さな変更を長期間続けることで、身体は徐々にそれに適応し、健康的な脚痩せを実現できます。

逆に、断続的な努力は結果を出すことが難しく、モチベーションの低下にもつながります。

【過度な運動や食事制限に注意】

脚痩せを目指す際のもう一つの一般的な間違いは、過度な運動や極端な食事制限です。

身体を過度に酷使することは、疲労やケガのリスクを高め、長期的な健康的なライフスタイルの維持を妨げます。また、厳しすぎる食事制限は、必要な栄養素が不足し、体調を崩す原因にもなります。

セルフケアが不安ならパーソナルトレーナーのアドバイスを

安全で健康的、かつ効果的な方法で目標の脚痩せを達成するためには、パーソナルトレーナーなど、ボディメイクの専門家のアドバイスをもとに、個別の脚痩せ計画を立ててみては。

パーソナルトレーナーが所属するパーソナルトレーニングジムでは、脚痩せをはじめ、それぞれの身体のお悩みに合わせた総合的なトレーニングプログラムを提案してくれます。

たとえば、トレーニングプログラムには、足の筋力強化、柔軟性向上、有酸素運動などが含まれます。これによって、筋力アップを叶えて血液やリンパの循環を促進し、太りにくく痩せやすいすっきりボディへ

また、パーソナルトレーニングジムの利点として、トレーナーによる個別指導が挙げられます。トレーナーは正しいフォームや適切な負荷の設定をサポートし、効果的なトレーニングを提供。

さらに、栄養アドバイスや生活習慣の改善に関するサポートも受けることができます。

京都のパーソナルトレーニングジムRACINE(四条烏丸) - バナー

京都市内でパーソナルジムをお探しなら、京都パーソナルジム「RACINE(ラシーヌ)」へ!

RACINEなら、お客様一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの個別指導トレーニングや、医学的見地に基づいた食事指導(ご希望により食事指導をLINEでサポート)で、丁寧にあなたのお悩みにアプローチ。

専属トレーナーがマンツーマンで寄り添うことで、脚痩せなどあなたのご希望に沿った健やかなボディメイク方法をご提案します。

京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅/阪急京都線「烏丸」駅から徒歩約3分の便利な立地にあり、お仕事帰りやお出かけの前後でも手ぶらでトレーニングを楽しめます。

まずは無料カウンセリング、または体験トレーニングで、ぜひ京都パーソナルジム「RACINE(ラシーヌ)」のパーソナルトレーニング指導を実際にご体感ください!

■完全個室のパーソナルジム!京都パーソナルジムRACINE(ラシーヌ)の無料カウンセリング詳細を見る▶
京都四条烏丸パーソナルトレーニングジムRACINE_ 無料カウンセリング

京都パーソナルジムRACINE(ラシーヌ)の体験トレーニング詳細を見る▶
京都のパーソナルトレーニングジムRACINE(四条烏丸)_体験トレーニング0円

【こちらの記事もおすすめ】
『パーソナルジムとは?メリットデメリットと普通のジムとの違いまとめ』

『パーソナルトレーニングはもったいない?パーソナルジムのメリットと効果を高めるポイントとは』

『ボディメイクとダイエットは違う?健やかな身体づくりに必要な習慣と体質改善ポイントとは』

『朝の運動のメリットは?注意点とおすすめの運動・筋トレ・ストレッチ方法まとめ』

『ダイエット停滞期の乗り越え方ポイント5つ!コツを押さえて成功に導く方法』

『基礎代謝を上げれば自然と痩せる!?ダイエットと基礎代謝の関係』

『【健康管理トレーナー監修】人工甘味料は太って危険?ゼロカロリーの罠とインスリン・血糖値との関係』

『30代以降の本当に効果のあるダイエット方法!脂肪がつきやすい原因と痩せやすくなるポイントまとめ』

『【二の腕痩せ】二の腕を引き締める筋トレ・リンパマッサージ方法』

青名慶

この記事を書いた人トレーナー 青名慶

京都パーソナルジムRACINE(ラシーヌ)のパーソナルトレーナー。健康運動実践指導者。オーストラリアに渡航し、フィットネスを学ぶ。体質に合った、リバウンドしにくくなる食事指導を行っている。

KEY WORD

RANKING

PICK UP

RACINE Instagram

お問い合わせや質問などお気軽にご連絡ください

折り返しのご連絡は075-334-8562からさせていただく場合がございます。